メタボとダイエットに関する基本情報

メタボとダイエットに関する基本情報

メタボリックシンドロームは、様々な生活習慣の引き金になりますが、日本では現在、40歳以上の方の3分の1以上がメタボもしくは予備軍だとされています。

 

メタボは病気につながりやすいので、ダイエットをすべきでしょう。

 

そこでここではメタボ予防のためのダイエットに関する基本情報を説明します。

 

まずメタボリックシンドロームというのは、腹囲が男性の場合85センチ以上、女性の場合90センチ以上ある状態を指し、なおかつ高血圧、高血糖、高脂血症の基準値を超過している状態のことをいいます。

 

このようなメタボの原因となっているのは内臓脂肪です。

 

いつもの食生活と運動を見直して、脂肪をしっかり燃焼させることがダイエットにつながります。

 

食生活では高カロリー、高脂肪のものや塩分の多い食事は避け、1日3食をしっかり腹八分目を心がけて食べるようにします。

 

たばこやアルコールももちろん控えましょう。

 

そしてメタボ予防には有酸素運動が必要です。

 

普段全く運動をしない人はウォーキング程度の軽い運動からで結構ですし、階段をなるべく使ったり、通勤時にはなるべく歩くようにすると良い運動になります。

 

さらにスポーツクラブに入会すればメタボを解消するプログラムを作ってもらえるので、どのような運動を行うにしても、毎日続ける事が大切です。

 

メタボは様々なダイエット方法に惑わされず、まず生活習慣を改善することが何よりも重要なダイエットですので、これらの基本情報をきちんと頭に入れ、少しでも早くダイエットを始めるようにしましょう。